ブログ

【コラム】ビルディング・ブロック・アクティビティとは

一般社団法人日本ムーブメント・ベース・ラーニング協会(日本MBL協会)イメージ15

MBL講座の受講を希望されるかたから「ビルディング・ブロック・アクティビティ(BBAs)って、どういう意味ですか?」と質問されることがあります。英語では積み木を順番に積むという行為を“Building Block Play Activity(ビルディング・ブロック・プレイ・アクティビティ)”と言います。

BBAsの創始者であるセシリア・ケスター先生は、子どもたちの発達段階を積み木にたとえて、「ブロックを積み上げるように発達を促進させる」という意味を込めて、このように名付けているのです。日本MBL協会の名前も、「ムーブメント・ベース・ラーニング」の頭文字をとり名付けられていて、学習のために必要な身体の使い方の基礎作りを推奨しています。

例えば、家を建築するときのことを想像してみてください。まず基礎になる土台をしっかり作り、その後に柱を立て、壁をはり、屋根をのせるという段階を踏みますね。子どもの発達も同様で、基礎となる身体作りからしっかりと行い、そのプロセスの中で感情も育まれ、その上に認知学習を積んでいくという順番で成長していきます。感覚・感情・学習という発達にそった方法で身体からの学びを促すことは、理想的な教育的支援の在り方であると私は考えています。(文責:竹村文)

関連記事